天然石について/天然石の浄化方法

天然石は悪いエネルギーなどを吸収してくれたりしますので、たまにそのエネルギーをなくす作業である「浄化」を行う必要があります。一口に浄化と言っても様々な方法がありますので以下に紹介します。ご自身がやりやすい浄化方法を見つけてください。ただし、天然石の種類によっては塩や太陽の光が良くない物もありますので、そのあたりは注意して浄化を行うようにしましょう。

・塩で浄化する
粗塩を器に持って、その中に天然石を埋めて1日置いておきます。1日経ったら天然石を取り出して水洗いをしてから太陽、もしくは光や月の明かりに照らしましょう。そして、最初の時と同じように合掌して願いを込めてください。

・お線香で浄化する
お線香を焚いて、そのお線香の煙で天然石を炙って浄化します。お線香で天然石を炙ったあとは合掌をして願いを込めて下さい。

・満月の月光浴で浄化する
満月の日に月の光が当たる場所に天然石を置いて月の光で浄化する方法です。浄化が終了したら合掌をして願いを込めて下さい。

・太陽の日光浴で浄化する
1日の太陽毘沙門天の日に太陽の光に天然石をかざして浄化します。そのあとは合掌をして願いを込めて下さい。

・大地のエネルギーで浄化する
滝や綺麗な川など清らかな場所に天然石を浸して浄化を行います。しばらく浸したら浄化は完了ですので、合掌をして願いを込めて下さい。

・水晶で浄化する
水晶のクラスターなどの上に天然石を一晩置いて浄化します。朝になったら合掌をして願いを込めて下さい。

トップページへ戻る